預貯金と比べると投資信託には投資した元本や利回りに保証はないものの、大きな利回りが出れば投資家のものになります。
その点で預貯金は約束された利回り以上にはなりません。
運用成果次第ですが、将来の利回りが期待できます。
特に低金利が続く中ではファンドのメリットは増すものです。
また、運用方針に従い国内外の債券や株式、その他の金融商品などに分散投資を行います。
分散投資は資産運用する上でリスクヘッジのポイントになるもので、少ない資金でも分散投資できる点も大きなメリットの一つです。
トランペット
加えて、選択肢が豊富に用意されている点も着目したいところです。
預貯金であれば金融機関の数だけと言うことができますが、ファンドの種類は多く、国・地域や投資する対象・方針によって様々な商品があります。
リスク・リターンの大小を捉えて、様々な組み合わせで運用できる点もファンドの特徴です。
投資した資金の管理については受託会社によって行われています。
法律によって受託会社自身の資金とファンドの資産は区別されており、受託会社が万一破綻しても投資家の資産に影響が及ばないようになっています。
元本保証はないものの、積極的に資産運用したい方にとって選択肢の多さと将来性は大きな魅力です。

 

 
ガリバー 評判